当協会は、障害のある人の働く・暮らすを支えることを目的に県内の障害者施設で組織されています。

一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会 一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会

お問い合わせ

最新情報

2016年3月1日

平成27年度特別研修会のお知らせ

『これからの埼玉県の福祉を担う第二期世代が今、学ぶべきこと』

 趣旨

戦後、先輩たちが切り開いてくれた障害福祉分野は、措置費の時代から社会福祉基礎構造改革の渦の中、総合支援法になり株式会社も同じ事業ができるようになりました。次世代といわれる私たちは、先輩と共に福祉の変革の時代の中にあり、また支援が「サービス」といわれる時代に就職してきた後輩たちに伝えていく役割を担っています。

歴史を学び、未来をえがいていくために、私たちは今、何を学ぶべきか、話し合いましょう。

1 主催 一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会

2 日時 平成28年3月18日(金)13:00~16:30

3 会場 埼玉県障害者交流センター 研修室1・2

4 募集 定員 30名(先着順)
       対象者:

                埼玉県セルプセンター協議会会員施設・事業所の若手管理者や次世代のリーダーを目指す人

      例:①法人の若手幹部(理事長・理事・役員・事務局長等)又は法人幹部候補
         ②法人施設・事業所の若手管理者又は管理者候補

5 参加費 1,000円(平成27年度分)
       *要綱7(3)により、今後複数回開催する場合があります。

6 研修日程
   12:30 受付  13:00開会  第1部「 歴史を学ぶ」   14:00 休憩

   14:10 第2部①「第二期世代の役割とは?」      14:40第2部②意見交換「今後について」

7 内容
(1) 開会・オリエンテーション  
   主催者挨拶:埼玉県セルプセンター協議会副会長 大畠宗宏
(2) 第1部 歴史を学ぶ
   「埼玉県の障害者福祉の歴史」「埼玉県セルプセンター協議会の役割」
   講師:埼玉県セルプセンター協議会会長 増田一世
(3) 第2部① 第二期世代の役割とは?
   「趣旨説明」         埼玉県セルプセンター協議会副会長 竹村絵里
   「第二期世代が果たすべき役割」埼玉県セルプセンター協議会理事 竹内善太
   第2部② 意見交換
  ・現状の悩み、将来の不安、あるべきリーダー(理事長・役員・施設長・管理者)の姿、
   第三期世代へ何を伝えるか?等
  ・平成28年度以降、第二期世代の勉強会を開催するかどうかを協議する。

8 受講にあたってのお願い
(1)名刺 30枚
(2)法人のパンフレット(法人理念・方針がわかるもの) 30部

9 参加申込締め切り日  平成28年3月11日(金)必着
研修会申込書に必要事項をご記入のうえFAXでお申し込みください。
●参加費等は研修当日、受付でお支払いください。

10 参加申込先と研修会に関する問い合わせ先
   一般社団法人埼玉県セルプセンター協議会   担当 森下
    〒330-0804 さいたま市大宮区堀の内町1-41-7
   TEL 048-782-5302 /FAX 048-782-5306  E-mail jsc2010@nifty.com

 

Category: 研修情報 | Posted by 埼玉県セルプセンター協議会

ページトップへ