当協会は、障害のある人の働く・暮らすを支えることを目的に県内の障害者施設で組織されています。

一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会 一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会

お問い合わせ

共同受注について

共同受注とは

埼玉県内の障害者施設では事業所ごとに特色ある製品や役務の提供を行っております。

共同受注では、県内の障害者施設で行っている生産活動や役務提供などについて、それらを必要としている行政・企業へ情報提供を行うと同時に、受発注のコーディネートを行い、ひとつの事業所では対応できない発注に際しても、事業所間の連携を行う事により受注可能となる事を目指します。

障害者施設での受注が増え、そこで働く障害者の方々の工賃が少しでも増えていくことを活動の目的としています。

※ 一般社団法人埼玉県セルプセンター協議会は埼玉県からの平成26年度共同受注事業の委託を受けています。

共同受注窓口

障害者優先調達推進法 ⇒ パンフレット(厚生労働省作成)

平成25年4月から障害者優先調達推進法がスタートしています。

この法律(国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律)は、障害者就労施設で就労する障害のある人や在宅で就業する障害のある人の経済面の自立を進めるため、国や地方公共団体、独立行政法人などの公機関が、物品やサービスを調達する際、障害者就労施設等から優先的・積極的に購入することを推進するために制定されました。

※ 行政の担当者様、埼玉県セルプセンター協議会にご相談ください。

ページトップへ