当協会は、障害のある人の働く・暮らすを支えることを目的に県内の障害者施設で組織されています。

一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会 一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会

お問い合わせ

共同受注について

共同受注作業に密着!

埼玉セルプが行う共同受注では、県内の障害者施設で行っている生産活動や役務提供などについて、それらを必要としている行政・企業へ情報提供を行うと同時に、受発注のコーディネートを行い、ひとつの事業所では対応できない発注に際しても、事業所間の連携を行う事により受注可能となる事を目指します。

第2回 埼玉スタジアム2002公園除草清掃作業

saitama-stadium_1 埼玉スタジアム2002は、日本国内のサッカー専用スタジアムとしては最大となる人数を収容できる競技場です。競技場の周りが約30㏊の広大な公園となっており、その公園内の除草清掃作業を4事業所の共同受注で請け負っています。公園内は除草剤が使用できないため暖かい時期は次々と草が生えてきますし、落葉時期には何袋も枯葉を集めます。週1回から3回、職員含め3人から8人、午前作業のみから午前午後作業まで、それぞれの事業所の都合に合わせた内容で作業を行っています。

 埼玉スタジアム2002公園管理事務所と埼玉セルプ協とのつながりは、かつて埼玉県障害者支援課副課長だった方が異動されたことから始まりました。埼玉スタジアム側も埼玉セルプ協側も初めての共同受注除草作業だったので、説明会開催から契約書の取り交わしにかけて打ち合わせを重ねました。

 作業を始めた当初は、道具が紛失してしまうこともあり、全てがうまくできていたというわけではありませんでした。しかし、埼玉スタジアム公園管理事務所担当者と各事業所の職員とで情報を共有していただき、受注事業所が集まって問題点を話し合い、改善を図ってきました。

saitama-stadium_2 作業開始から2年経過した今では、管理事務所の担当の方より、しっかりと働いてくれているとの評価をいただいております。利用者の皆さんだけでなく、同行する職員の成長も感じているそうです。また、働くことを楽しいと感じてほしいという思いから、作業する場所は利用者の皆さんが大変にならないように夏場は涼しい場所、冬場は陽のあたる場所になるよう配慮していただいています。利用者の皆さんが働くことで、担当の方が他の作業に手が回り、スタジアム内の整備が良くなっているとも仰っていました。

 作業する人たちは、有名な埼玉スタジアムを自分たちの手で綺麗にしていることに誇りを持つようになり、それが仕事に対する責任感につながっているそうです。

 皆様、埼玉スタジアムにお越しの際には、周りの草花や樹木、そして綺麗に除草清掃された様子にも是非注目してください。

蛭間孝充 広報部会員(戸田わかくさ会)

埼玉県セルプセンター協議会広報誌第15号より抜粋

第1回 リンガーハット店舗周辺除草清掃作業

写真1 埼玉セルプの広報委員会で話題になった「共同受注」。最近増えてきたらしい。それはどんな仕事なの? と話していると、ああ、そういえば私の事業所でも埼玉セルプから受けた仕事があったような……話を進めていくうちに、「他事業所と共同で作業を受けていく」仕事の受け方に魅力を感じた委員一同は、今が旬な作業を筆頭に、取材を始めていくことを決めました。

 第一回で紹介するのは、リンガーハットの除草剪定作業です。作業プロセスとしては、①見積もり ②受注の意思を伝える ③日程調整 ④実施 ⑤報告書作成の5ステップ。報告書では、ビフォーアフターの写真を載せることになっています。

 なぜ埼玉セルプがリンガーハットと繋がることができたのか。それは遡ること昨年11月。リンガーハットの担当者より、埼玉セルプホームページの問い合わせフォームからメー ルが送られてきました。その後、やり取りを重ね話が進んでいったといいます。

 最初に会員事業所に募集をかけた時は,たったの2事業所でした。一度は他へ連絡を試みた担当者でしたが、連絡先が一か所で済むというやりやすさを感じ、改めて埼玉セルプへ依頼したそうです。現在では、5事業所で合計12店舗の除草剪定作業を行っています。 

写真2 あげお福祉会グリーンドアでは、3店舗を担当しています。写真は、リンガーハット本町上尾店の作業の様子です。グリーンドアのメンバーは、普段の作業で培ってきた経験を活かし、かま・コケ取り・ほうき・バリカン・剪定ばさみ等の道具を駆使し、時には体勢を低くさせ、排水溝のゴミや落ち葉を取り除くなど一生懸命でした。メンバーからは、「剪定は人力では疲れる」「綺麗になってよかった」という感想が出ました。

 作業後のミーティングでは、アスファルト上に生えた草の袋詰めに苦労したことから、ブルーシートなどを先に敷いたらどうかという意見がでました。

 共同での仕事には、様々な受注の仕方があると思います。大事なのは,一事業所だけが頑張るものではないということです。代表事業者が連絡調整や事務全般を取りまとめている場合、それぞれの事業所が一緒に作業を請け負ったという責任を持ち、契約の更新や作業のすり合せ等、変化への対応にも自身の事業所のこととして捉えていくことが必要です。そのためには、皆が一つの目的や思いを共有できる仕組み作りを意識して、作業を進めてくことが大切だと思います。

 第二回も乞うご期待です。仕事を受けたい事業所の方、仕事はあるが手が回らないという企業の方、埼玉セルプでは、新たな事業所と繋がり、結果として働く障害者の方々の工賃が少しでも増えていくことを活動の目的としています。

 会員のメリットは、埼玉セルプが窓口になるので連絡がとりやすい、質問がしやすい、企業との契約書の取り交わしを行わなくて済む、請求書を送付してから入金までの期間が短いというメリットが挙げられます。受注募集は会員限定なので、この記事を見て共同受注に興味が持つ方が増えると嬉しいです。

末次明日香 広報委員(あげお福祉会)

埼玉県セルプセンター協議会広報誌第9号より

ページトップへ