当協会は、障害のある人の働く・暮らすを支えることを目的に県内の障害者施設で組織されています。

一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会 一般社団法人 埼玉県セルプセンター協議会

お問い合わせ

事業内容

事業報告

セルプバザールin大宮駅コンコース

■事業概要
事業名 セルプバザールin大宮駅コンコース
部会 販売促進部会
開催場所 JR大宮駅 中央連絡通路
開催日 平成29年12月13日~15日
参加事業所数 31事業所(会員29、非会員2)

 平成29年12月13日から3日間にわたり、セルプバザールin大宮駅コンコースが開催されました。

 大宮駅コンコースでの販売会の開催は今回で13回目となり、大宮駅の利用者や近隣にお住まいの方などにも『年末恒例のイベント』として、認知していただいているように感じます。

 今回の売上は、3日間で2,941,560円でした。前回の大躍進があったので、今回は売上が減ったように感じますが、実は13回開催した中で過去2番目の売上(1日平均売上)でした。また、参加数は過去最高の31事業所でした。

 今回は中央通路での販売であり場所が少し狭かったため、商品(特に菓子類)の陳列場所が狭かったことなどが反省点としてはありますが、出品される商品の商品力は回数を重ねるごとに向上しており、販売場所などのいくつかの改善により、もっと「売れる」ことを予感させてくれます。

 また、今回売り上げが好調だった商品に「木工製品」がありました。場所が違うことによって売れる商品もあることもわかり、やはり、ひとつひとつの商品の力は十分にあることがわかりました。

 次年度は、今回の反省を活かして、商品の魅力を引き出せるような工夫をしていきたいと思います。

 参加する事業所同士の連携も、年々良くなってきています。他の事業所の商品を見て、話を聞いて、自分の事業所の商品を改善することや、大宮駅で販売するルールは厳しく、これを体験することで販売の勉強にもなります。このように職員の研修の機会にもなる大宮駅での販売会へ、ぜひご参加ください。

 大宮1 大宮2

たくさんのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

第2回研修会「課題分析を学ぼう」

■事業概要
事業名 第2回研修会
部会 政策広報研修部会
開催場所 彩の国すこやかプラザ
開催日 平成29年11月21日(火)
参加事業所数 24事業所(会員22、非会員2)

 平成29年11月21日(火)に今年度第2回の研修会を開催しました。
 テーマは、「利用者が主役の作業をすすめるために ~課題分析を学ぼう~」です。埼玉障害者職業センター障害者職業カウンセラーの太田裕子氏を講師として課題分析について学びました。講義、グループワークを通して、課題分析についてとても分かりやすく説明していただきました。

 課題分析というと、就労移行支援のための支援方法として使われることが多いと思いますが、今回の研修を通して私たちが普段支援している中でとても役に立つ支援方法であることを理解できました。課題分析により利用者に分かりやすい作業を提供することで、結果として主体的で見通しが持てるようになり「利用者が主役」の作業をすすめることができます。
 参加者の方も今後の支援に役立ちますとの声を多数いただきました。

 今後も、支援に役立つ研修を企画していきますので、参加よろしくお願いします。

DSC_0054  DSC_0062

埼玉りそな銀行社内販売会

■事業概要
事業名 埼玉りそな銀行社内販売会
部会 販売促進部会
開催場所 埼玉りそな銀行本店
開催日 平成29年11月22日(水)
参加事業所数 3事業所

 今年度も、埼玉りそな銀行様のご厚意により、埼玉りそな銀行本店にて、社内販売会を開催いたしました。

 この販売会は埼玉りそな銀行様のご厚意により10年近く続いているもので、昨年度からは年1回開催だったところを年2回開催にしていただき、販売場所も広げていただいたことにより売り上げが格段に伸びております。会員事業所へ販売希望を募り、11事業所から手が上がった中で初めて販売に参加する6事業所が選定されました。

 第1回販売会は11月22日に行われました。参加事業所は、ふれあいの里・どんぐり(毛呂山町)、まごころ(さいたま市)、チャレンジ1号館(入間市)です。3事業所の個性あふれる商品が並び、埼玉りそな銀行の社員さん達がいろいろと見比べながら手に取ってくださいました。ふれあいの里・どんぐりのパンと焼き菓子、そして、まごころのお饅頭が完売しました。チャレンジ1号館のポップコーンもたくさん売れました。

 参加した事業所の販売員からの声として「埼玉りそな銀行の社員のみなさんがとても協力的で親切でした」「他の事業所の商品を買った人に対しても『ありがとうございました』と声をかけていてとても気持ちよく販売することが出来ました」というものがありました。

 第2回販売会は2月中旬に行われる予定です。それぞれの事業所で利用者の皆さんが心を込めて作った商品が、多くの方々に購入していただけるよう準備を進めていきたいと思います。

IMG_0670 IMG_0671

IMG_0672 IMG_0674

オータムフェスタ2017in彩の国すこやかプラザ

■事業概要
事業名 オータムフェスタ2017in彩の国すこやかプラザ
部会 販売促進部会
開催場所 彩の国すこやかプラザ
開催日 平成29年10月14日(土)
参加事業所数 会員事業所9

 埼玉県社会福祉協議会主催の「オータムフェスタ2017in彩の国すこやかプラザ」が10月14日(土)に開催されました。

 今年も模擬店のブースは埼玉県セルプ協議会に任され、9事業所が出店して、31万円を売上げました。 例年は9月に開催されるこのイベント、今年は1か月遅い10月に開催され、また当日は天候も悪く雨の中の販売となりましたが、人出は多くて、早々に「完売」してしまう事業所も多く見られました。

 「オータムフェスタ」では、彩の国すこやかプラザの建物の中や駐車場で、埼玉県社会福祉協議会が地域の住民の皆様を招いて毎年様々な催し物を開催しており、子どもたちや親子連れなどが多く訪れて地域に根付いたイベントになっています。多くの来場者があり、毎年、うどんやパンをお昼に購入してもらったり、お菓子や野菜などもたくさん買っていただきます。短い時間に集中して売上を上げられるイベントです。毎年販売の機会をいただいておりますので、関心のある方はぜひ来年度、一緒に販売にご参加ください。

   IMG_7775  IMG_7856

   オータム2  IMG_7885

第1回研修会「手描きPOP講習会」

■事業概要
事業名 第1回研修会
部会 政策広報研修部会
開催場所 埼玉聴覚障害者情報センター
開催日 平成29年8月3日(木)
参加事業所数 32事業所(会員28、非会員4)

 今年度の研修会はこれまで研修に参加された皆さんからのアンケートをもとに、販売促進につながるような実践的な内容と埼玉県セルプセンター協議会として大切にしてきた、障害のある人の「働く」を支えるための基本的な考えをとらえていただくことを目的として研修企画を検討しています。

 今年度1回目の研修会は、8月3日に開催しました。

 前半は埼玉県セルプセンター協議会会長の増田一世氏による講義でセルプの歴史、障害のある人の「働く」を支えるために私たち支援者が考えるべきことをお話ししていただきました。日々、現場での実践を積み重ねるだけではなく、集団の中で検討、検証していくことが大切であること。そのことが結果的に障害のある人の所得保障に繋がっていくことを実感できたお話でした。

 後半は、一般社団法人日本POPサミット協会の鐵倉れい子氏にご協力いただき、POP制作について講演していただきました。各事業所の製品のコンセプトやターゲットを意識すること、視覚による情報を最大限に生かし、「お客様視点で制作し、お買い物心を後押しする」とのお話から、普段何気なく目にしているPOPにいろいろな工夫が込められていることに感銘を受けました。

 実際のPOP製作体験ではペンの持ち方、直線、曲線、文字の書き方からの指導に参加者から感嘆の声があがりました。短時間での講習でしたが、参加された皆さんそれぞれが自分の事業所の製品のPOPや、施設設内で活用する掲示物の作成に勤しみました。鐵倉講師も参加された方々の製作状況を巡回し、時には参加者の手を取り、文字の書き方、ペン先の向き、文字の止め方など、アドバイスしていただきました。

 障害のある人の「働く」を支援するなかで、良い製品を作っても、どれだけの方に手に取ってもらえるかで、所得保障に大きな影響があります。私たち支援者は、たくさんの方に製品の良さを知っていただけるよう情報発信をしていくこと、またその手法を学べた研修会となりました。

 次回は、職業リハビリテーション等で活用されている課題分析を用いて、障害のある方の力を引き出し、支援につなげる方法を学びます。ぜひ、ご参加ください。

①研修会1 ①研修会2 ③研修会

1 / 212

ページトップへ